Top > 髪のつやとダメージ

髪のつやとダメージ

髪のつやとダメージ一覧

ヘアマニキュアで髪のダメージ軽減

毛染めを繰り返しているうちに、つやがなくなってパサパサした印象の髪になってしまうことがあります。これを防ぐにはヘアマニキュアを使用するといいでしょう。 ヘアマニキュアは爪用のマニキュアと同様の効果が得られます。爪へマニキュアを塗っても、傷むことはありません。 それと同様にヘアマニキュアは髪に作用する

ヘアマニキュアで髪のダメージ軽減の続きを読む>

紫外線は髪のつやを損なう

紫外線は美肌にとって大敵と言われるものの1つです。紫外線は肌だけでなく髪へも影響を与えると言われています。紫外線を長時間浴び続けることで髪はつやを失ってしまうので注意が必要です。 紫外線を長時間浴び続けた髪は、表層であるキューティクルが開いた状態となってしまいます。そのため、少しの刺激を受けただけで

紫外線は髪のつやを損なうの続きを読む>

加齢によって失われる髪のつや

若い頃はつややかな髪だったのに、年齢を重ねることで髪につやがなくなったというのはよく聞かれる話です。この変化は40歳頃を境に起こると言われており、適切なケアをしないと髪や頭皮の老化は早まってしまいます。老化によって身体にも様々な不具合があらわれますが、頭皮や髪も同様に適切な処置や予防策を講じなければ

加齢によって失われる髪のつやの続きを読む>

髪の健康に影響するストレス

精神的なストレスは身体にも様々な悪影響を及ぼします。ストレスによって髪のつやが失われてしまうこともあるので、髪の美しさを保つためにはストレス対策を施す必要があるでしょう。 ストレスによって身体中に張り巡らされた血管は収縮します。血管が収縮することで血行不良が引き起こされ、頭皮にも必要な栄養素の供給が

髪の健康に影響するストレスの続きを読む>

ヘアアイロンによる髪のダメージ

髪にダメージを与えてしまう原因はいくつかありますが、ヘアアイロンもその1つと言われています。特に頻繁に使う機会が多い人は少しずつ負担が蓄積されてしまい、髪のつやが失われてしまうことがあります。 髪のつやを維持しつつヘアアイロンを使用するためには、長時間の使用は控えることが大切です。短時間で効率良く髪

ヘアアイロンによる髪のダメージの続きを読む>

パーマによる髪への負担を軽減

パーマをかけてみたくても、髪のつやがなくなってしまいそうという理由で躊躇している人もいるでしょう。確かにパーマは髪に少なからずダメージを与えてしまいますが、毎日のケアを念入りに行えば、つやを取り戻すことは可能です。 パーマは髪の内部に働き掛けて、髪質を変化させます。髪内部にある組織に作用し、組織を分

パーマによる髪への負担を軽減の続きを読む>

ヘアカラーによる髪への影響

オシャレのために髪を染めたいと考える人は多いでしょう。髪を染める方法は様々で、ヘアマニキュアやヘアカラー、ブリーチなどは広く利用されています。目的に合った方法を選択するためには、それぞれも持つ特色を把握しておくといいでしょう。 ヘアマニキュアは髪の外側をコーティングして色をつけるため、脱色をする必要

ヘアカラーによる髪への影響の続きを読む>