Top > 髪のつやトピックス > 正しい方法で髪をブロー

正しい方法で髪をブロー

シャンプー後に髪を濡れたままにしておくと、髪にダメージを与えてしまうことになりかねません。そのため、つやを維持するためにもブローは大切な作業となります。ブローの効果を高めるためにも、正しい方法を覚えて実践しましょう。 まずはタオルで髪を軽く押さえるようにして余分な水分を取っていきます。このときゴシゴシとこすってしまうと、髪が傷みやすくなってしまうので注意しましょう。 ブロー後の仕上がりを良くするためには、洗い流さないタイプのトリートメントをつけておくことをおすすめします。トリートメントをつけることで髪のつやも出やすくなるので、しっかりつけておきましょう。ドライヤーによる熱風から髪を保護する効果もあるので、髪の健康のためにも効果を発揮します。 ロングヘアの人は何カ所かブロッキングしてからブローした方がいいでしょう。まんべんなくドライヤーの風を当てることができるので、効率良く髪を乾燥させることができます。 ドライヤーが髪に近すぎるとダメージを与えてしまうので、10cmくらい離して上から下に向かって乾かすようにしましょう。ブラシを使って髪をセットしていくときは、おおかた乾いた状態で行う方がやりやすいでしょう。 ブローは襟足のところからスタートして、頭頂部や生え際のところまでまんべんなく乾かしていきます。ブロッキングした箇所は少しずつ取り除いていきましょう。 仕上げに冷風を当てると髪につやが出やすくなります。髪に量感が足りないときは、内側から外側に向かってブローしていくと、ほどよいボリュームが生まれるでしょう。

髪のつやトピックス

関連エントリー
正しい方法で髪をブロー髪を構成するキューティクル知っておきたいヘアサイクル白髪が生える原因